RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

Categories: ALL, 適用事例, 食料品Tags: , , , , , , , , , , By Published On: 2022-02-10Last Updated: 2022-03-22

2022-02-10

Migross – C&C Store適用事例

Migross – C&C Store適用事例

社名

Migross – C&C Store

産業

スーパーマーケット

場所

イタリア共和国 ロンバルディア州、ヴェネト州、エミリア・ロマーニャ州

企業

Migrossグループは、40年にわたり組織的な流通の分野で事業を展開しています。Cash-Carryは1998年以降VéGéグループの一員であるMigorssグループのスーパーマーケットブランドです。イタリアのロンバルディア州、ヴェネト州、エミリア・ロマーニャ州に約100店舗を展開しています。

挑戦

Migorssでは店舗のデジタル化を進めるにあたり、RAINUSの技術を採用しました。Cash Carry1号店の開店により、RAINUSソリューションの技術を導入する店舗が増えました。今後Migorssとのパートナーシップを通じて、新たに8カ所のCash Carryに設置する予定です。

Cash CarryビジネスはHORECA(ホテル及びレストランビジネス)チャンネル型店舗で、Migrossによるイタリア中部地域の買収により成長を続けています。

解決方法

RAINUSの中央サーバシステムを採用することで、本社で一括的に運営中の店舗すべての価格情報を直接管理できるようになりました。RAINUSの中央サーバは、高い安定性と拡張性が評価され、採用されました。電子棚札は、生鮮食品コーナー、調剤薬局、冷蔵庫、冷凍庫、ペットショップ、ワインショップコーナーで使用されています。InforTabは、店内の商品全体の価格をデジタルで一括管理・統制することができます。またLEDライトの点滅により、ピックアップする商品を迷わず識別できるのでピッキングにかかる時間の短縮と業務の生産性を向上させることが可能です。

結果

Migrossのロジスティクスマネージャー兼Cash CarryプロジェクトマネージャーのAlessandro Mion氏は、RAINUSとの電子棚札プロジェクトを継続できることに満足感を示しています。

ICTマネージャーであるCarlo Parmegiani氏もオープニングセレモニーに出席し「RAINUS電子棚札の機能には非常に満足しており、店舗での活動をより迅速に行うことができる」と述べています。Click and Collectサービスについても「完成間近で、2月末には開始できるだろう」と明らかにしました。3色のLED機能により、Click and Collectサービスの管理が容易になり、店員による店舗での商品回収時間が半減しました。

このストーリーをお気に入りのプラットフォームで共有してください!

List
移転のお知らせ
スマートファッションストア
Go to Top