RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

inforTab InforTab Plus infortabplus23 infortabplus29 Main Customer NRF R13A R154 R213 R266 R290 R310 R420 R750 retailtech お知らせ コンビニエンスストア スマートオフィス スマートシェルフ スマート病院 ニュース パートナーシップ ファッションタグ ヘルス&ビューティ 倉庫 家電量販店 専門 展示会 日本 電子棚札(ESL) 食料品

Categories: ALL, リファレンス, 病院, 適用事例Tags: , , , By Published On: 2021-11-04Last Updated: 2021-11-26

2021-11-04

昌原ハンマウム病院

昌原ハンマウム病院

会社

昌原ハンマウム病院

産業

病院

ロケーション

昌原、韓国

会社

昌原ハンマウム病院は1994年の開院以来、慶尚南道地域をリードする病院として位置づけられています。2021年、慶南道民の医療福祉増進のため病院を新築移転したハンマウム病院は、現在ハンガン(漢江)以南の病院の中で単一建物としては最大規模です。昌原ハンマウム病院は優秀な医療陣を新しく迎え入れる一方、第4次産業時代と非対面時代にふさわしい先端スマート医療環境を構築することで、新たな跳躍を果たしました。

挑戦課題

従来の病室表札と入院患者の名札は、病室内の頻繁なベッド移動などにより、在室情報をリアルタイムで管理することが困難でした。また、入退院時、入院患者情報と診療情報を変更するために看護士が直接名札と表札を交換・修正するという煩わしさがありました。入院患者の情報を誤表記すると医療事故につながる可能性があるため、入院患者の情報の信頼性確保は、非常に重要な課題でした。

ソリューション

スマート病院(Smart Hospital)の実現を目標とする昌原ハンマウム病院は、無駄な労力を減らし効率的な病棟運営をするためにRAINUSのInforTabを導入しました。InforTabを通じて入院患者の診療科、血液型、担当主治医情報をリアルタイムで提供し、QRコードを活用して診療情報と治療履歴もリアルタイムで管理するようにしました。また、病院内での移動が発生した際には、入室状況も迅速に変更しInforTabにリアルタイムで表示しました。

結果

病室の入口とベッドに付けられた電子棚札は、リアルタイム病室情報案内システムとして活用されました。既存の病院環境は、看護士が直接病室、ベッド、診療室の案内表示板を運営していましたが、InforTabの導入により、このような過程を統合連動させ、より正確かつ効率的に管理できるようになりました。また、作業による不要な手間が省け、患者に集中することができるため、顧客満足度の向上にも貢献しています。

このストーリーをお気に入りのプラットフォームで共有してください!

List
徳坪物流センター
pwc_thumbnailPwC韓国(三逸会計法人)
Go to Top