RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

inforTab InforTab Plus infortabplus23 infortabplus29 Main Customer NRF R13A R154 R213 R266 R290 R310 R420 R750 retailtech お知らせ コンビニエンスストア スマートオフィス スマートシェルフ スマート病院 ニュース パートナーシップ ファッションタグ ヘルス&ビューティ 倉庫 家電量販店 専門 展示会 日本 電子棚札(ESL) 食料品

Categories: ALL, リファレンス, 倉庫, 適用事例Tags: , , By Published On: 2021-11-03Last Updated: 2021-11-26

2021-11-03

徳坪物流センター

徳坪物流センター

産業

ロジスティクス

場所

韓国, 利川

企業

この物流センターは、約6,660m2の巨大な倉庫で、B2BおよびB2Cで1日に4,000件以上の貨物をピッキング、仕分け、梱包を行っています。注文の大半はオンラインショッピングモールからのB2C注文で、中でもファッション商品が多く、その需要に対応するために約4万種類、合計60万点以上の衣料品を保管しています。

挑戦

単品の注文は非常に簡単に処理できますが、本当の課題は複数の注文をいかに効率的に処理するかということです。B2Cの場合、注文の内容が多岐にわたるため、効率が悪く、配送ミスのリスクも高くなります。一般の人は1日に80~100件の注文を処理するのが限度です。これに加えて、梱包前に製品を1つずつスキャンし該当する場所に配置するために、仕分けは物流センターで最も時間のかかる作業(全体の60%を占める)であるだけでなく、倉庫のスペースを無駄にし、生産性を低下させています。

解決方法

従来のシステムでは、比較的大きな初期投資が必要で、処理できるオーダー数にも制限があり、処理が必要な貨物の情報もリアルタイムで更新されませんでした。この物流センターでは、InforTab Plusを使って革新的なPut-to-Lightシステムを開発しました。Put-to-Lightシステムでは、InforTab Plusのディスプレイが、注文ごとの商品の配置場所をオペレーターに示します。各製品には、番号や色が割り当てられています。商品をスキャンすると、その商品の配置場所と必要数が InforTab Plus に表示されます。これにより、オペレーターは注文を素早く分類でき、各注文を記憶する必要もないので、精神的なストレスが軽減されます。そして、ディスプレイにタッチすると、次の注文に備えることができます。同社はまず6ヶ月間の実験を経て、Put-to-Lightシステムに45 InforTab Plusを統合したシステムを全面的に採用しました。

結果

ソート時間は全体の活動の40%まで削減され、ピッキングの時間と包装時間に余裕が生じました。つまり、これまでよりも大量のオーダーを処理できるようになり、スペースを有効に活用できるようになったのです。1人のオペレーターが1日に約200~300件のオーダーに対応できるようになり、生産性が向上しました。平均すると、1,000件の出荷で処理時間が半分になりました。また、学習しやすいということは、適応が早く、全体的にストレスが少ないということでもあります。経営的には、同じ生産量であれば初期費用が少なくて済み、また、拡張性もあるので、InforTab Plusを導入すればするほど、生産性が向上します。

その結果、この地域の他の物流センターでもこのソリューションを試験的に導入することになり、変革の必要性が示されました。

このストーリーをお気に入りのプラットフォームで共有してください!

List
ロッテ免税店
昌原ハンマウム病院
Go to Top