RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

RAINUS ブログ

主要ニュース
便利で手軽な使い方

inforTab InforTab Plus infortabplus23 infortabplus29 Main Customer NRF R13A R154 R213 R266 R290 R310 R420 R750 retailtech お知らせ コンビニエンスストア スマートオフィス スマートシェルフ スマート病院 ニュース パートナーシップ ファッションタグ ヘルス&ビューティ 倉庫 家電量販店 専門 展示会 日本 電子棚札(ESL) 食料品

2021-11-07

7-Eleven (セブン-イレブン)

7-Eleven (セブン-イレブン)

会社

セブン-イレブン

産業

コンビニ

ロケーション

韓国

会社

世界18カ国で7.1万店以上の店舗を運営するグローバルコンビニブランドであり、韓国初のセブンイレブン店舗は1989年にオープンした。 食料、生活必需品の販売の他に、公共料金の収納業務、交通カード、宅配サービスなど国別に差別化された専門サービスを提供している。

挑戦課題

セブンイレブンSignature(無人店舗)を含む一般店舗内の運営及び管理効率を高めるために、デジタルトランスフォーメーションは必須課題だった。 コンビニのデジタル化により、顧客と対面する回数や顧客の待ち時間は減ったが、価格ラベル交換などの運営業務は依然として改善が必要だった。 その結果、コンビニエンスストアの運営業務を簡素化し、より顧客サービスに集中できるRAINUSの電子棚札ソリューションが検討された。

ソリューション

RAINUSの中央サーバーシステムが、本社で各店舗の価格管理ができる最適なソリューションとして検討された。 特に、セブン-イレブンSignature(無人店舗)のセルフレジ、手のひら認証、スマートCCTVなどの技術と互換可能なRAINUSのInforTab技術の適用により、完成したデジタル環境を構築することができた。

結果

価格管理が自動化されたことによって、従来の価格ラベル交換に必要だった膨大な業務量が減り、これによって店舗スタッフが顧客サービスにより一層集中できるようになった。 無人店舗の自動化コンセプトに合う価格や商品情報の遠隔管理によって店舗運営の効率性も高まった。

このストーリーをお気に入りのプラットフォームで共有してください!

List
oliveyoungthumbOLIVE YOUNG InforTab Plus 適用事例
Bic ビックカメラ(BIC CAMERA)
Go to Top